リンリンのブログ

多分死ぬまでマンガを読み続ける予定。たまーにパラパラ漫画も描きます。

柿の思い出

f:id:ringringsong:20201110225638p:plain

今年は柿を例年になく結構たくさん食べている。

去年までほとんど柿を食べることがなかったけど、食べてみたら美味しくてハマってしまった。なんで今まで食べてなかったんだろうか?こんなに美味しいのに。

と考えていたら昔の記憶が蘇ってきた。このことが原因で何十年も柿を食べてなかったのだ。

恐ろしいな、思い込みって。

 

昔の思い出

妹が祖母に柿をむいてくれって頼んだ。

祖母は言われた通り柿をむいて妹に渡した。

f:id:ringringsong:20201110230111p:plain

妹は柿がとても美味しかったらしく、2個目を祖母に要求した。

そしてそれもまたペロッと平らげた。

そして3つ目を要求した。

祖母は「いい加減にしておけ」と注意したが妹はその静止を聞かず怒りだしたので、

祖母は仕方なく3個目をむいた。

3個目を食べ終わっても妹の要求は止まることなく、

この時本当に7個食べ切った。この食い意地が張った奴は当時小学3年生だった。

f:id:ringringsong:20201110230552p:plain

そして7個食べ終わって10分くらい経った頃、妹の体に異変が起こった。

嘔吐を何回もしたのだ、吐くものがなくなるくらい嘔吐しまくった。

明らかに柿の食べ過ぎである。

あまりにも嘔吐がひどかったので、親が病院に連れて行った。

そしてだいぶん時間がたって帰ってきた。

嘔吐のしすぎで点滴を打っていたらしい。

それから私たち姉妹は柿を口にしなくなってしまった。

悪いのは食い意地が張った妹であるのは間違いないが、妹のあの姿を見てトラウマになってしまった。

何十年ぶりに食べる柿は本当に美味しい。

来年も食べるだろう。

でも1日に一個と決めている。