リンリンのブログ

多分死ぬまでマンガを読み続ける予定。たまーにパラパラ漫画も描きます。

読んでる内に主人公がかわいく見えてしまうマンガ『圏外プリンセス』

うまいこと言えないんですけど、少女マンガの主人公の女の子ってカワイイ子多いですよね。(っていうかほとんどみんなかわいらしい)

「性格に難あり」「気が強い」「自分に自信がない」などという設定はあるけれども、

「黙ってればモテるのに」とか「(かわいいんだから)もっと自分に持ちなよ」って周りの人から言われるセリフでもわかるように、とにかくデフォルトで(顔は)カワイイんです。

 

しかしここ最近、一昔前ならば脇役にもキャスティングされなかったであろう女の子たちが堂々と主役を張っているのをご存知でしょうか?

私の中でその三大マンガは(暫定で)

■鏡の前で会いましょう

 

■圏外プリンセス

 

■ブスに花束を

でございます。

 

こちらの主役のお三方、昔ではちょっと考えられないヒロイン像でして。

初見のインパクトは大アリで。。。そしてイケてなかった学生時代を思い出し胸が痛くなるという。。。(;´д`)トホホ…

 

しかし!!!

それぞれ読み進めていくとですね、不思議なものでこの子達がステキに見えてくるではありませんか!!

特にね、『圏外プリンセス』のヒロイン、目黒美人(めぐろみと)ちゃんの頑張りっぷりには、無条件で応援したくなるのです。読んでる時に普段以上に感情移入してしまうという。

高校生になってからのお話しもいいんですけど、中学時代のエピソードも大好きです。

中学生編何回も読んだなぁ。恋あり、友情ありで熱いんです!

まさに『ザ・青春!!』って感じ。こういう熱いの大好きですから大歓迎!!

そして、中学生編のラストは涙なしには読めないっ!!うるっと来ます。マジで。

そして、美人(みと)ちゃんがどんどんかわいくなって変わっていくんですけれども、

普通の子がギャルになるっていうような変化じゃなくて、どんどん垢抜けていくって言う表現がピッタリの変化です。

高校生編を読み終わってもう一回中学生編みたら結構びっくりします(;・∀・)

「こんなにかわいくなっとんたんか!!」って。

最初はすごい「ブサイクな女の子」が主人公な感じがありますけど、高校生編になるくらいの頃には読んでる方も彼女のことを「ブサイク」と思ってないもんね。キラキラしてて真っ直ぐで、元気づけられます。

 

最後に

私的に2017年の呼んだマンガの中でトップ10には確実に入るであろう、『ブスに花束を』は別エントリーで熱い思いを書こうと思っております。