リンリンのブログ

絵日記風のブログです。漫画の感想や思ったことをイラストと一緒に載せています。何の学びもないブログですが(笑)楽しく続けていきたいと思います。

『ぼくの輪廻』4巻っ!! 新章は平安時代!

4巻ドロップですね!フフフ。

TSUTAYAに行ったら(月刊flowersきのう何食べた?を買う予定でした)

新刊コーナーに4巻が置いてあるではありませんか!!

もちろん一番に手に取りましたよね。テンションが上ってしまいいろんな漫画を買ってしまいました。散財した。。。(;´д`)トホホ…。

 

 

裏表紙のコピー最高じゃない!?

裏表紙のコピー(って言っていいのかわからないけど)マジでイカす!!
↓全文はこのページに掲載されてます

cheese.shogakukan.co.jp

 

 

本文を読んで「えっ!?そうだったんだ!!」って思ったのが

  • 身分が高けれは高いほど軽装になる(十二単は女房の服)
  • たらちね→「垂乳根」と書く
  • お歯黒は平安時代にはすでにあった(勝手に江戸時代の風習って思ってました。。。)

 

 

 

平安時代が舞台の新章!

新章キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ですね

お話しのベースは「小柴垣草子」というちょっとエッチな絵巻物らしいですが。。。

縁側でエッチをするってありましたよね。その画像を貼ってあるサイトを見つけたんですが、これは。。。エロいです()


参照元春画 | デイリー春画

 

 

本編では主人公の乃木せんせいがフナムシデカローという新人漫画家に振り回されてます。

フナムシデカローは乃木せんせいの元アシスタントの室伏花撫ちゃん。

乃木せんせいにマンガを描いて前世の誤解を解くはずだったのですが、事がどうも思うように行かず、「アレ!?」ってなっちゃってるところがたまらない!!

 

17話の最後の乃木せんせいとフナムシせんせいのやりとりが最高に笑える。

見事なまでに噛み合ってないし。

乃木せんせいの「小学生か!!」ってつい言いたくなってしまうあの感じと

ちょっとおちゃらけてしまったがために、その小学生的な攻撃を受けてしまいショックを受けるフナムシせんせい。

「売り言葉に買い言葉」ということわざの意味を教える時は、この場面を見せると頭にすうっと入っていきますね(笑)

 

そして第3の男、蓮城アキラ氏もマンガを持ち込みをして漫画界に殴り込み。

(さすがの行動力に感心してしまいました。よく持ち込みしようと思ったなってw)
乃木せんせいを廻る二人の争いはまだまだ続きますねぇ。今回は回想シーンでしたけど、2人の直接対決はもっと見たい!!

蓮城アキラ氏とフナムシせんせいは1000年近く、こんな感じだったんでしょうねぇ。

 

最後に。。。

これだけは言っておきたい!

フナムシデカロー」っていうペンネームはスゴいです。センスあるわ。凡人には考えもつかない。

 

↓3巻もぶっ飛んでましたよね

www.ringringsong.com