リンリンのブログ

多分死ぬまでマンガを読み続ける予定。たまーにパラパラ漫画も描きます。

行くしかないと思った「それでもマンガが描きたい人のためのほんの基礎的なマンガ講座」

「明日でGWが終わるなぁ~。」ちょっと切ない気持ちになっていた5月4日の夜。

Facebookを見ていたら

「それでもマンガが描きたい人のためのほんの基礎的なマンガ講座」

という魅力的なタイトルのイベントが目に入りました。うん、私のための講座ですね。

「もうこれは行くしかない!!」と思い参加ボタンをポチリ。

IMG_NEW

 

全然わかってなかったマンガの作り方。

よく、「マンガの作り方」みたいな本を読んでいたこともあり知識としては知っていたつもりですが、

実際は起承転結の意味さえよくわかってなかっていませんでした(;´д`)トホホ…。

ここで教わったことを防備録的に綴っていきたいと思います

 

基礎的なマンガの作り方あれこれ。

トーリーを考える

起承転結

こんなの当たり前じゃん!って思うんですけど、

「じゃあ説明してよ」って言われるとあれっ??てなりませんか。

「こういうふうに考えたらいいよ」と教えていただきました。

起→はじまり

承→はじまりの続き

転→どんでん返し(物語の転換)

結→おわり(話のオチ)

※結を決めてからお話を作っていくと作りやすいですよ。とアドバイスいただきました。

この起承転結を紙にそれぞれ2行~3行かいて大まかなストーリーを作っていきます。

初めての作業でしたが、紙に書くことによって頭のなかでよりクリアになる印象がありました。

紙に書くって大事なんだなぁと改めて思った次第です。

 

ネームを作る

漫画家さんのインタビューでよく出てくる単語ですよね。

マンガを作るための設計図といったところでしょうか。

先ほど考えた起承転結の中から「一番見せたいところを大きいコマにする」

といいそうです。今まで同じ大きさで描いていた素人の私には目からウロコのアドバイスでした。

人がどう思ってどう行動したかがわかるようにストーリーを構築するとわかりやすいと教えていただき、その時に独りよがりになってはイカンと改めて感じました。

 

原稿を作る

ネームを元に原稿にマンガを作っていきます。はぁ。難しかったなぁ。。。

IMG_0001_NEW

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0002_NEW

画力がほぼ0なのでヒイヒイ言いながら描きました。。。

必死で描いたマンガはコチラです

http://ringringsong.hatenablog.com/2016/05/06/nikki-manga/