読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リンリンのブログ

絵日記風のブログです。漫画の感想や思ったことをイラストと一緒に載せています。何の学びもないブログですが(笑)楽しく続けていきたいと思います。

「行く」と「来る」の使い方@九州地方

IMG_0001

2匹のどうぶつがおはなしをしています。

ねこ:ねえ、家に遊びに来る?

ぱんだ:うん!来る!!来る!!

 

この会話、九州の人たち(福岡、佐賀、長崎、熊本は確認済み)には全く違和感がないのですが、

ほかの地方の方には違和感ありありらしいんですね。

「来る」じゃなくて「行く」だろうと。

これが方言だと知ったのは、大学生の時でした。

大学の時は名古屋に住んでおりまして、何気なくポロッと口にした言葉が全く通じない悲しさ。。。。

それからは気にして使っていたように思います。

 

ちょっとグチなんですが、最近というかちょっと前から博多弁がなんかカワイイっていう風になってるじゃないですか!

いつの間にそんなことになってたんだと唖然としましたよね。

わたし、大学生のときそんなこと言われたことないよ。って(笑)。

話してたのが私だからか。。。(;´д`)トホホ…

かわいい人が話してたら違ったんだろうね(T_T)

 

 

実は英語の“go”と“come”と使い方一緒なんじゃないか?と考えてみた

【来る】の使い方

IMG_0002

イラストのように、相手の所に自分が行く時に【来る】といいます。

「今日あなたのお家に来るね」というふうに使います。

あと、待ち合わせの場所に相手がいる時などにも使いますね。

 

ちなみにcomeの使用法を探してみました。

おおー!!これはまさに【来る】の説明そのものではないですか!!

Come →「相手のいる場所に行く」

話をしている相手の場所に行く(近づく)ことを伝えるときは「Come」が使われます。例えば、友達と電話で話しをしてて、「これから会いに行ってもいいですか?」と尋ねる場合は、相手のいる場所に行くので「Can I go and see you?」ではなく「Can I come and see you?」が正しい表現になります。
  • 話している相手と一緒にどこかへ同行する場合も「Come」が使われることが多いです。
〜 会話例1 〜 A: Dinner is ready!(夕食ができたよ!) B: I’m coming.(今行きます) 〜 会話例2 〜 A: We are going to watch a movie tonight.(今夜映画を見に行きます) B: Can I come?(私も一緒に行っていいですか?) 〜 会話例3 〜 A: Andrew can’t come to your BBQ tomorrow.(アンドリューは明日バーベキューに行けません) B: Oh yeah, he already called me.(もう彼から連絡がありました) 出典元:ネイティブの「Come」と「Go」の微妙な使い分け

【行く】の使いかた

IMG_0003

基本的に何かをしに行く時に使うことが多いようです。(うーん。。どうも客観的になれない。。。。)

病院、学校、買い物、遊びなど、自分が移動する時には【行く】をつかいます。

 

goの使用法も確認しましたよ!!

Go →「どこかへ行く」

基本的に話し相手から離れたり、どこか違う場所へ行く時に「Go」が使われます。例えば、家から仕事に行く時に「行ってきます」と家族に伝える場合は、家族から離れた場所に行くので「I’m going (to work) now.」が使われます。
〜 会話例1 〜 A: Let’s go to the beach today.(今日海に行きましょう) B: Sounds good. What time do you want to go?(いいですね。何時に行きますか?) 〜 会話例2 〜 A: I’m going to Japan in October.(10月に日本に行きます) B: Me too! I’m going to Japan the second week of October.(私もです!私は10月の第2週に行きます) 〜 会話例3 〜 A: All right guys, I’m going now.(それでは、行きます/帰ります) B: See you tomorrow.(また明日ね)

 

 

最後に

この「行く」と「来る」って英語の「Come」と「Go」のつかいかたとほとんど一緒でした。

中学の時にこの法則に気がついていれば。。。もっと英語が楽しく勉強できたかも。

方言をキチンと説明しようとしてグダグダになってしまいました。。。